【燃料電池自動車用外部給電機器の導入促進事業】

対象期間:平成26年12月26日から平成33年2月28日までの間に購入されたもの。(中古は除きます。)
水素エネルギーが活用された水素社会の早期実現に向けて、燃料電池自動車と接続して用いる外部給電機器の普及を促進するため、その購入費用の一部を助成します。

助成対象者の要件

以下(1)(2)のいずれかに該当する方が対象です。
(1)次の全ての要件を満たす民間団体等

  • 助成対象機器の所有者であること。
  • 燃料電池自動車の自動車検査証に記載されている所有者または使用者であること。
  • 所有又は使用する燃料電池自動車の自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置が都内であること。

(2)次の全ての要件を満たすリース事業者

  • 助成対象機器の所有者であること。
  • 民間団体等と助成対象機器に係るリース契約を締結していること。
  • 助成対象機器の借主である民間団体等が、燃料電池自動車の自動車検査証に記載されている所有者または使用者であること。
  • 助成対象機器の借主である民間団体等が所有又は使用する燃料電池自動車の自動車検査証の使用の本拠の位置が都内であること。

助成対象経費

助成対象機器本体の購入に要する費用とします。

詳しくはコチラ⇒https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/fuel-cell-feed/index.html

お問い合わせ