【燃料電池自動車の導入促進事業】

募集期間:平成29年3月31日(金)消印有効まで
水素エネルギーが活用された水素社会の早期実現に向けて、燃料電池自動車の普及促進を図るため燃料電池自動車の購入費の一部を助成します。

助成対象者

  • 都内に事務所もしくは事業所を有する法人(国と地方公共団体は除きます。)
  • 都内に主たる住居、事務所もしくは事業所を有する個人
  • リース契約に基づき、燃料電池自動車の貸付等を上記と行う都内に事務所または事業所を有するリース事業者

助成対象燃料電池自動車

次の全ての要件を満たすものとします。

  • 平成26年12月26日から平成33年2月28日までに、初度登録された自動車(中古車を除く)であること。
  • 初度登録の日から起算して1年を超えないものであること。
  • 自動車検査証における使用の本拠の位置と所有者(クレジット購入の場合は使用者)の住所が都内にあること。
  • 公社の定める手続きの手引き「表1」に掲げる車両であること。

※ 手続きの手引き「表1」に掲げる助成対象自動車は随時更新されます。
※ 助成対象となるのは、車両ごとに1回限りです。
※ 燃料電池自動車タクシー、燃料電池自動車バス、燃料電池自動車トラック等であって、国の定める低公害車普及促進対策費補助金を受けている助成対象自動車を除きます。

助成額

助成対象経費に関し、経済産業省が定めるクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金交付要綱第3条のクリーンエネルギー自動車を導入する者に対する当該クリーンエネルギー自動車の導入に要する経費の一部を助成する事業において交付する補助金額の2分の1の額とします。

詳しくはこちら⇒https://www.tokyo-co2down.jp/individual/subsidy/fuel-cell/

お問い合わせ