NEDOが主催するバイオマスエネルギーワークショップ開催決定

NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)による「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業ワークショップ」が、12月13日に福島県で開催されます。

バイオマス事業のサステナビリティ向上のため

ワークショップは「バイオマス事業の持続性向上」をテーマとしており、現在の技術指針や導入要件、また先行している事業などが紹介される予定です。実際にバイオマス事業に取り組んでいる地方自治体の担当者や、研究機関の方が講演者として招かれます。

インフォメーション

ワークショップは2016年12月13日(火)13:30~17:00開催予定となっています。会場となるのは県内のコンベンションセンター「ビッグパレットふくしま」です。参加費は無料ですが、定員は100名の先着順となっています。
ワークショップ内では以下のようなプログラムが催される予定です。

  • 福島県の再生可能エネルギーへの取組みについて(仮題)
    吉川正大氏(福島県 企画調整部エネルギー課)
  • 持続的な木質系バイオマスエネルギー事業のための導入要件
    高橋香織氏(みずほ情報総研 環境エネルギー第2部)
  • 真庭市のバイオマス活用推進の取組み -バイオマス産業杜市をめざして-
    新谷俊典氏(岡山県真庭市 産業観光部林業・バイオマス産業課)
  • 持続的な湿潤系バイオマスエネルギー事業のための導入要件
    石井伸彦氏(みずほ情報総研 環境エネルギー第2部)
  • 生ごみを原料としたバイオマス発電事業の先進性
    岸本悦也氏(バイオエナジー)
  • メタン発酵バイオガスプラントが普及しない理由
    神杉彰氏(WEDGE)

詳しくはこちら⇒https://www.kankyo-business.jp/news/013835.php?utm_source=mail&utm_medium=mail161125_d&utm_campaign=mail

お問い合わせ