「カネカ」の太陽電池モジュールが世界最高となる変換効率24.37%を実現

株式会社カネカによって開発された結晶シリコン太陽電池モジュールが、世界最高の変換効率24.37%を実現しました。
普及率の高い結晶シリコン太陽電池モジュールで達成された快挙ということで、発電コスト削減に大きく貢献する見通しです。

NEDOの発電コスト目標に大きく躍進

株式会社カネカとNEDO(国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構)は2020年までに14円/kWh、2030年までに7円/kWhの発電コストを共同の目標に掲げています。
カネカは既に結晶シリコン太陽電池セルでの変換効率26.33%を180平方センチメートルの実用サイズで実現していますが、今回は結晶シリコン太陽電池セルを108枚使用した、面積13,177平方センチメートルの太陽電池モジュールでの記録的な変換効率となりました。「2020年までに14円/kWh」という目標達成のためにはモジュール変換効率22%が目安となりますが、今回の変換効率でその目安を上回ったことは目標への大いなる躍進と考えられています。

実用化に向けた動き

今後も発電コスト目標達成に向けた技術開発がNEDOとカネカで進められていく見通しです。また、同時にカネカは今回の変換効率を達成した結晶シリコン太陽電池モジュールを、実際の太陽電池製品へと実用化しようと開発を始めました。従来以上にコストをカットして運用できる製品の開発に期待が集まっています。

詳しくはこちら⇒http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100661.html

お問い合わせ